生きて行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月9日幡谷先生が信道講座に来られました。

<<   作成日時 : 2011/10/13 23:52  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 3

 最近は、ブログも更新せず申し訳ありません。前日の8日にはお寺に遊びに来ていただき、夜はゼミ生たちと懇親会を開きました。
 名古屋の信道講座は、私の寺のご門徒様が始められて、二代目様には火事で全焼したので本堂を建てていただきました。昭和13年に亡くなられておられますが、その方の功績はすばらしいものがあったと、改めて感じさせていただきました。亡くなられた時、正親含英先生が「還相回向」というタイトルで昭和14年に講演されておられました。これを読んで感動したので、幡谷先生に送りましたら、先生も感動されていました。
 振り返れば、曽我・金子先生に直に深く教えていただいた先生は、今講演できるのは幡谷先生だけになってしまいました。これからの真宗はどうなっていくのかな?と少し不安になりました。
 先生の肝心な還相回向のお話が、時間が足りなくてしっかり聞くことができなかったので残念でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日11月26日の高倉会館の講義は行けませんでした。
せっかくの機会だったのですが、家の方が多忙でした。
またの機会があれば聴聞させて頂きたいと思います。
還相回向についてもっとよく理解を深めたいです。
それよりも先に「教行信証」を全部読んで置きたい。
たかだか文庫本一冊の量なのに、なかなかとっかかれない。だらけています。
本山の報恩講もネット中継で少し拝見しようと思います。
tituler president
2011/11/27 20:21
高倉会館の講義はネットで公開されてますよ。私もネットを見ました。ただ資料が手にないのでわかりにくいです。明日もネットで見ることができますよ。高倉会館で検索して下さい。
悲心
2011/11/27 23:31
高倉会館の讃仰講演会は、池田勇諦先生のお話だけ、ライブ中継で聞くことができました。

内容は、人間は一人で生きているわけではなく、他者との関係性のなかで生かされている。救われるのは自分一人でなく、他者も一緒に救われる、自利と利他は一緒に成り立つ、往還二種回向が浄土の大菩提心だ。
そして他との関係で生きているということは、即他者から自分の信心を問われている。問いかけねばならない、学ばなければならない。仏法を自分に投げかけられたものとして、主体的に関わっていかなければならない。
かいつまむとこのように理解できました。

仏法を他人事でなく、自分のこととして主体的に受け止めるというところに身の引き締まる思いがしました。
tituler president
2011/11/28 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月9日幡谷先生が信道講座に来られました。 生きて行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる