生きて行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉総理、靖国参拝に憶う

<<   作成日時 : 2006/08/15 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国や韓国の批判を承知の上で、公約通り八月十五日に靖国参拝を果した小泉総理はカッコいいかな?戦争が終わって六十一年も経っているのに未だに批判を受けるのはわからない、内政干渉だ、という声も聞こえてくる。いつまで謝り続ければ済むのだろうか?という気もしないでもないが、僕は靖国神社の歴史を考えた時、やはり靖国にお参りするのはよくないと思う。過って国家神道の象徴とも言える靖国神社にお参りするには不適切としか言い様がない。元々、神道が政治に利用されたので政教分離という憲法がアメリカから提示されたのではないか?アメリカはキリスト教だから決して政教分離されてないし、大統領は神に誓って大統領になったりしている。歴史の中で戦死者を英霊にまつりあげられていった靖国にお参りしなくても、戦没者追悼式だけでいいのではないか?と思うんだけどな!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小泉総理、靖国参拝に憶う 生きて行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる